バーバーそらまめ’s blog

BARBERそらまめは鈴鹿市のヘアサロン。アフロ、ツイスト、カーリーなどの「イカレた系(」(笑)のパーマが得意です。平成元年創業の現場からの育毛論。ご予約お問い合わせは059 379 3612

「落としすぎては…いけない」 ??現場から見るシャンプー剤選び

店内では、もちろんなのですが

職業柄、プライベートで会う方たちとの

会話の中でも「シャンプー剤」の

お話になることが多々あります。

 

そして、そのお話相手から決まって

言われるのが

「落としすぎては、いけないんでしょうっ」

です。

 

そのお話相手の方たちは…

僕がだいたいデリケートで

言いだしにくい話題を振るだけあって

頭髪・頭皮の皮脂汚れが落とし切れてない…

ヘアワックスなどの整髪料が残留してたりもします。

 

中には

「以前に、行きつけの美容師さんが

そう言ってました」

…なんて

無責任な昔の常識のアドバイス

しっかり真に受けてたりします。

「落としすぎてはいけない」ものに

潤い成分…というのも含まれているっ!

って言われると思いますが

皮脂汚れと潤い成分の区別は

シャンプー剤にはできない?(笑)

 

現場で見てきた

結論から言います!

 

すべての方に当てはまる子は

かぎりませんが

 

落としきれないくらいなら

多少落としすぎくらいが

ちょうど…です。

(じゃ 落としすぎればいいのっ!

って一日に何度もシャンプーをしたり

シャンプー剤以外の脱脂力の強い洗剤で

シャンプーをしてはダメなのは、

お分かりとは思いますが)

 「しっかり落とす」

ここ10数年、流行の育毛系シャンプー剤・スカルプ系シャンプー剤は

この発想のものが多いです。

 

理想は

汚れをしっかり落として

シャンプー剤成分も極力残さない

ということです。

 シャンプー剤成分を残さない…は

ノンシリコンシャンプーの発想ですね。

 

あくまでも現場で見る

個人的な感想と意見です。

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

        広告

 

           

他にはこんな記事も掲載してます。

「しっかり落とす」ための方法ですね…

「3分…って一言に言うけど長いよ」~シャンプー前の儀式 - バーバーそらまめ’s blog

www.barbersoramame.com

 

医薬部外品の育毛剤「チャップアップ(CHAPUP)」

ヘアサロンの現場から見る、医薬部外品の「チャップアップ(CHAPUP)」 という育毛剤 - バーバーそらまめ’s blog

www.barbersoramame.com

          広告